読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【201704最新版】蘇州地下鉄路線図

地下鉄4号線開通。水郷の同里へ地下鉄が通じました!

蘇州地下鉄最新版アップしました。

http://machigotopub.com/pdf/suzhoumetro.pdf

スマホで持ち運べる路線図(PDF)をご利用ください。

マハラジャたちのインド

ヨーロッパ全体に匹敵する、広大な大地、ばく大な人口、多様な文化や言語を有するインド亜大陸。20世紀以前、この亜大陸には英領インドと別に、500を超す半独立状態の藩王国があった。
 
それらの国を統治するのは「マハラジャ」や「ナワーブ」と呼ばれた絶対君主(王)たち。泥酔の挙句、舞姫と領土半分の賭けに興ずる「王」。イギリス渡航にあたって六か月分のガンジス河の水を携行する「王」。領土にダイヤモンドの産地をもち、あふれんばかりの富で知られた「王」。
 
イギリス植民の進む近代インドにあって、昔ながらの生活に固執する王族、イギリス紳士とマハラジャの交流、近代化、世界大戦など、時代はうねりを見せながら、やがてガンジーネルーらの登場を迎える。
 
1947年のインド・パキスタン分離独立にいたる以前の、インド各地にあった国々や王たち(Princes of India)の様子を生き生きと描いた『印度藩王国』。1934年に出版され、長らく衆目にふれることのなかった希少本が、現代仮名遣いで読みやすくなって登場です。
 
【印度藩王国】目次

第一章 インド人のインド
第二章 諸藩王国とインドにおける英国勢力の発展
第三章 諸藩王国における生活
第四章 諸藩王国における政治
第五章 ラージプタナ地方、中部インドおよびカティアワール地方におけるラージプート族の藩王国
第六章 カシミール地方―ヒマラヤ山脈地帯のラージプート族藩王国およびシーク教徒の藩王国について
第七章 マイソールおよびトラヴァンコール藩王国
第八章 マラータ族の藩王国
第九章 ハイデラバード藩王国
第十章 回教徒藩王国
第十一章 ネパール王国
第十二章 従属同盟政策
第十三章 インド王侯と政治部
第十四章 インド藩王侯とインド連邦
第十五章 インドの将来
「付」 インド藩王国について


『印度藩王国』 Princes of India
ISBN978-4-86620-300-3、四六判(オンデマンド、ペーパーバック版)、574頁、4800円

Amazon三省堂書店、honto、丸善ジュンク堂書店などで発売中!!

【更新】2017年版南京リリース

南京地下鉄4号線開通にともなう最新版の南京(印刷版&電子書籍)をリリースしました。

978-4-86620-164-1 江蘇省008はじめての南京[カラー版]
978-4-86620-165-8 江蘇省009南京旧城[カラー版]
978-4-86620-166-5 江蘇省010南京紫金山と下関[カラー版]
978-4-86620-167-2 江蘇省011雨花台と南京郊外・開発区[カラー版]

978-4-86620-664-6 江蘇省008はじめての南京[モノクロ]
978-4-86620-665-3 江蘇省009南京旧城[モノクロ]
978-4-86620-666-0 江蘇省010南京紫金山と下関[モノクロ]
978-4-86620-667-7 江蘇省011雨花台と南京郊外・開発区[モノクロ]

 

電子版は各ストアに最新ファイルを提出済みです。


2017年最新版の南京地下鉄最新路線図

http://machigotopub.com/pdf/nanjingmetro.pdf

江蘇省012徐州のまち歩き技術

2017年3月21日、めずらしい中国江蘇省012徐州の旅行ガイドリリース。

 

【観光情報】→まちごとチャイナ『江蘇省012徐州』(印刷版と電子版750〜3110円)。モノクロ版ISBN978-4-86620-668-4、カラー版 ISBN]978-4-86620-168-9。

【ホテル&レストラン情報(無料)】→徐州STAY(ホテル・レストラン情報) http://machigotopub.com/pdf/xuzhoustay.pdf

 

に続きまして、街歩き情報をお送りします。



◯徐州へゆこう!

 

【北京から徐州へ】

・高鉄おすすめ

・高鉄で、「北京南駅」から「徐州東」へ。所要3時間〜3時間半。わりと便多し。

 

【上海から徐州へ】

・高鉄おすすめ

・高鉄で、「上海虹橋」から「徐州東」へ。所要2時間半〜3時間程度。わりと便多し。



◯徐州の5大ポイント

 

・徐州東駅…高鉄の駅。東郊外に10キロほど離れているので、ひとまず路線バス3路で「徐州駅」へ

 

・徐州駅…鉄道駅。バスターミナル(徐州汽车总站)もここ。バスもここに到着。徐州の歩きの玄関口になる。徐州駅から乗るべきバスは路線バス1路。「供銷大厦(供销大厦)」「浦発銀行(浦发银行)」あたりで下車すると繁華街の彭城広場。

 

・【必見】彭城広場…徐州の中心部。レストランやショッピングモールが集まる。ここから観光地の五省通衢や戯馬台(戸部山)も歩けるので、まずは彭城広場へ行くのが便利。

 

・【必見】戯馬台(戸部山)…徐州最高の観光地。彭城広場と戯馬台(戸部山)を結ぶ彭城路に、レストランが集まっている。ゆっくり観光するなら半日。早くやるなら2時間程度。また徐州博物館や雲龍山の入口までも歩いていける。

 

・【必見】雲龍湖…徐州南東の景勝地。だがここは歩いていくには少し遠い。「浜湖公園東門(滨湖公园东门)」が最寄りバス停で、中山路を走る9路、47路あたりで市街部と結ばれている。彭城広場へは、「市一院」下車。徐州博物館までなら1キロで歩けなくはない。

 

◯徐州の街あるき

 

【街あるき】

・徐州旧城はそれほど広くなく、徒歩で歩いて大体の観光地へは行ける。

・ポイントは徐州東駅〜徐州駅の路線バス3路(互いに終点)に乗るということ。

・観光地の集まる徐州旧城(その中心が彭城広場)に行けるか。徐州駅〜彭城広場あたり(「供銷大厦(供销大厦)」「浦発銀行(浦发银行)」)を結ぶ路線バス1路に乗るということ。路線バス1路はすさまじい混み具合だった。

 

【徐州見どころベスト5】

1,戯馬台と戸部山古民居

2,五省通衢と黄楼

3,徐州博物館(乾隆帝の行宮や遺跡発掘現場が見れて、これが意外によかった)

4,雲龍湖とそこから見える徐州電視塔

5,彭城路、是非歩いてみたい通り

 

【徐州うまいもの】

1,馬市街陀湯

2,両来風

などなど、くわしくはホテル&レストラン情報の『食べよう! 泊まろう! 徐州-Xuzhou-STAY』に掲載。

 

https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=1_4K9mcE2F-VGVXXWDx5wIjD7U-c&ll=34.26051066017368%2C117.19580769999993&z=11


こちらはどなたでも編集、書き込みいただけます。

徐州ひとことガイドリリース。

GoogleMapを使ったひとことガイドの江蘇省徐州。

徐州の観光地をひとことで案内。
https://www.google.com/maps/d/embed?mid=1Ed6fWeaVaoAsMLbj4tIdDSoBmOM

徐州のホテル&レストラン情報ガイドも進行中(どなたでも編集できます)。
https://www.google.com/maps/d/embed?mid=1_4K9mcE2F-VGVXXWDx5wIjD7U-c

めずらしい江蘇省012徐州の旅行ガイド。地図図版17点掲載。印刷(POD)版と電子書籍版でまもなくリリースです。

【2017最新版】蘇州地下鉄路線図

蘇州地下鉄最新版アップしました。

http://machigotopub.com/pdf/suzhoumetro.pdf

スマホで持ち運べる路線図(PDF)をご利用ください。

【2017最新版】天津と広州の地下鉄路線図アップしました。

天津地鉄6号線延伸
http://machigotopub.com/pdf/tianjinmetro.pdf

広州地鉄7号線開通
http://machigotopub.com/pdf/guangzhoumetro.pdf


スマホに入れて持ち運べる最新路線図(PDF)をご利用ください。